ミカルディスは安定した効果がある

ミカルディスはテルミサルタンを有効成分にしたアンジオテンシンII受容体拮抗薬と呼ばれるもので、略称をARBと呼び、体内の水分や電解質を調節して血圧を下げるため、主に高血圧症に用いられる治療薬です。高血圧の薬のイメージアンジオテンシンIIは副腎皮質にある受容体に結合することで、アルドステロンの結合、分泌が促進し、昇圧作用をもたらしますが、ミカルディスを服用することでテルミサルタンがアンジオテンシンIIの受容体に直接結合し、昇圧作用を阻害することで血圧上昇を抑えます。

従来のACE阻害薬に近い作用ですが、いままで引き起こしていた空咳などの副作用の報告がほとんどなくリスクの少ない治療薬とされています。また血中濃度半減期が長いとされ、1日1回の服用で24時間の降圧効果があるとして、1日飲み忘れた程度では血圧への影響が少ないことから、安定した効果が見込める薬となっています。

ミカルディスでは高血圧以外にも多面的作用があり、核受容体転写因子であるPPARγを活性化する効果があります。このPPARγを活性化すると、糖質や脂質の代謝を改善するとともに、抗炎症や抗動脈硬化作用を持ち、心臓、肝臓、腎臓や血管の保護、糖尿病予防にも使用でき同系統の治療薬にもPPARγ活性化作用はありますが、ミカルディスが最も効果が高いとされています。
処方されると40mgを1日1回で投与されるが、最初は1日20mgで開始し、1日最大投与量を80mgとして、経過を見ながら年齢、症状によって適宜増減するようになっています。少しずつ体に合わせて増減するため、医師の指導に従って服用すると、血管への負担も少なく安全に使用することができます。安定した薬ではありますが、持病持ちやアトピー患者、妊婦への使用は注意する必要があります。

ミカルディスのもう一つの主成分

ミカルディスには主成分のテルミサルタンの他にヒドロクロロアジドという主成分が配合されています。詳しい内容は外部サイトをご覧ください。

ミカルディスのもう一つの主成分ヒドロクロロアジド

ミカルディス服用とウォーキングで高血圧改善

ミカルディスはアンジオテンシンIIの受容体への結合を阻害することで、循環機能の調整を行うレニン-アンジオテンシン-アルドステロン系を阻害することによって血圧を下降させる役割を持ちます。

さらにアンギオテンシンIIの心筋拡張作用や腎硬化作用をも抑えることで心臓や腎臓の保護作用も有しています。これらのことから高血圧症治療には積極的に使用されています。ミカルディスはまた副作用が出にくいこともメリットとなっています。さらに他の薬との薬物間相互作用も起こしにくく、他の疾患の薬物治療を行っていても安全に服用することができます。ぜひ高血圧症治療にはミカルディスを使用してみてください。

またこのような薬物治療と並行して、運動療法を行うことも高血圧症治療には有効です。特に肥満傾向の方には運動療法は有効です。ただ高血圧症など生活習慣病を持っている方には激しい運動は心臓などに負担がかかってしまうため逆効果の場合もあります。

ウォーキングそこでウォーキングがおすすめです。ウォーキングは有酸素運動に分類されるため、肥満の方が蓄えている脂肪を効率的にエネルギーとして消費する効果があります。高血圧症の原因というのは不明の場合が多いのですが、肥満の度合いを示す指標であるBMIと血圧には相関性があることが報告されており、肥満も高血圧の原因といっていいでしょう。ぜひウォーキングを行ってみて下さい。ウォーキングを行う上での注意点に関してですが、有酸素運動は15~20分継続することで初めて脂肪燃焼が始まります。よってこれ以上の時間は続ける必要がありますので、日頃から車などを多用していた人は30分~1時間を目安にして、意識的に歩くようにしてみても良いでしょう。

高血圧による合併症に注意

高血圧症は多種多様な合併症を引き起こしています。脳で発症する合併症には脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などの脳卒中があり、心臓では狭心症や心筋梗塞、心肥大、心不全などの心疾患を発症し、腎臓では糸球体腎炎や慢性腎臓病や腎不全などを発症します。その他にも大動脈瘤や末梢動脈疾患、閉塞性動脈硬化症などを発症します。

脳卒中は高血圧や糖尿病や喫煙など多様な危険因子によって発症しますが、特に高血圧による死亡リスクが高く、I度の高血圧患者の死亡リスクは約3倍、III度の高血圧患者に至っては死亡リスクが7倍以上とされています。心臓は長期にわたり高血圧の状態が続くと心臓の壁が厚くなり心肥大を発症し、心肥大の病状が進行すると心不全などの心臓の機能低下をまねきます。又、心臓に養分と酸素を供給する冠動脈は高血圧により動脈硬化をまねき狭心症や心筋梗塞の発症リスクを高めます。

高血圧患者の約30%が高血圧症の合併症として腎機能障害を発症しています。腎臓は血液により運び込まれた老廃物を尿として体外に排出する重要な役割を担っています。腎臓の濾過機糸球体にかけられる血圧によりコントロールされていますが、高血圧が長く続くと糸球体の細い動脈が硬化する硬化糸球体硬化を引き起こし濾過機能が低下します。その為、濾過機能をあげる為に糸球体に血液の圧力をかけるので更に高血圧となり、糸球体腎炎や腎不全などの腎機能障害を悪化させます。高血圧の治療には生活習慣を改善する非薬物療法とミカルディスなどの降圧薬によって血圧を下げる薬物療法があります。降圧薬にはCa拮抗薬やARB、ACE阻害薬、利尿薬、β遮断薬の5種類があり、ミカルディスはARBにに分類されており、このミカルディスは高血圧症だけでは無く、心臓病や腎臓病などの合併症にも効果を発揮するとされています。

よく読まれている記事はこちら

頭痛には実に軽いものから重いまでさまざまです。特に早朝に感じる強い頭痛は頭蓋内の腫れを伴う非常な危険な頭痛である可能性が...続きを読む

112

メインテートは高血圧症や不整脈の方に多く処方されているお薬です。 メインテートの服用を長期間続けていると耐性というもの...続きを読む

100

高血圧で悩んでいるという場合、高血圧を改善する生活習慣を考えてみると良いでしょう。コラーゲンは女性にとってなくてはならな...続きを読む

94